モテないブサメンが彼女をたくさん作って、有村架純似の可愛いこと結婚した方法と手順を説明するよ!

一生彼女ができない覚悟を決めたその後。辛さを乗り越えて5年後結婚し幸せになった方法

非モテ

今までモテない人生だった。これからもきっとモテないんだろうな。

一生彼女ができない覚悟をそろそろ決めるべきかも。

どうしたらできるんだろう?

そんな悩みを解決します。

隣のタケルくん

こんにちは!恋愛セラピストのタケルです。

僕も非モテで25歳の頃一生彼女ができない覚悟をしていました。

僕は今は結婚していますが、4人に1人が生涯独身の時代、それもありだと思います。

今回は僕が当時どういう心境で覚悟を決めたか、なぜ覚悟を決めきれないのかの原因についてご紹介します。

今辛い人は、明日を幸せにするためにぜひ見て行ってください。

筆者隣のタケルくん/記事の信頼性
・25歳まで非モテコミュ障童貞→ハッピーメール(18禁)で初彼女ゲット

・28歳で100人切り達成、セフレは常に7人

・マッチングアプリと出会い系利用歴5年

一生彼女ができない覚悟をしてみた25歳

僕は25歳まで童貞で、学生時代は同級生の女子からキモいといじめられ、社会人になっても仕事のできないサラリーマンでした。

そんな人生を送っていたら、早々と「自分はどうせ結婚どころか、彼女なんてできない」と思いますよね。

社会人になりたての頃は、自分も社会に出れば彼女ができるはず、なんて思っていましたが、現実はむしろ女性との出会いが減り、彼女どころではありませんでした。

例え出会いがあったとしても、ブサメンコミュ障の僕では無理だったと思いますが。

そして25歳の誕生日を過ぎた頃、一生彼女ができない覚悟を紙に書きだしました。

・彼女は要らない
・結婚はしない
・子供は欲しくない
・一人で生きていく
・両親の面倒を自分で見る
・料理ができるようになる
・安アパートを買って終の棲家にする
・ペットを飼う
・趣味をたくさん増やす
・男友達を作る
・安月給でも安定した仕事を続ける
・老人ホームに入れる資金を貯める

当時はブログもしていたので「一生彼女ができない覚悟をしました!」と、このことを書いたところけっこうコメントがありました。

同じように一生彼女ができない覚悟をした、しようとしている男性が多いのだなと思いました。男は4人に1人が生涯未婚の時代。

同士がこれだけいるのだから、きっと大丈夫。彼女がいなくても幸せになれるのだと思ったんです。

自分よりブサメンがグラドルと付き合っている!?

しかし現実はそう甘くはありませんでした。

一生彼女ができない覚悟をしてから数か月経った頃、非モテだった友達に続々と彼女ができ始めました。

「彼女ができて童貞を卒業した」とメールを貰ったときは、ショックなような、悔しい気持ちになったのを覚えています。

「なんであいつが・・・お前も俺と一緒だったのに」と思いました。

そして何より衝撃的だったのが、自分と同じように学生時代キモいといじめられていた同級生が、グラビアアイドルと付き合っているという話を聞いたときです。

Facebookを見てみると、彼女の顔は伏せていますが、胸が大きくてスタイルのいい女性と同級生が写っていました。

なんでそんなにモテモテに?と居ても立っても居られなくなり、Facebookから連絡を取ってみました。

自信満々の同級生を見て人生が変わった日

「久しぶりー」と飲むことになり、数日後ブサメンの同級生に会いに行きました。

すると同級生は顔の作りこそは変わっていませんでしたが、印象が大きく変わっていました。

髪型はお洒落になって、細身で筋肉質なスタイル、お洒落な服装。何よりいじめられていたときのオドオドした空気は消え、男らしい自信満々の態度になったことに驚きました。

聞くと同級生は人生が嫌になり飛び降りようとしたことがあったそうです。

でも失敗して「どうせ死ぬくらいならいい女とヤってから死のう」と思ったそうです。

そこから見た目を変えて、恋愛テクニック、女性心理を学びナンパしまくって、遂にはグラドルの彼女ができたということでした。

「死のうと思ってたけど、女にモテようって頑張ってたら死ぬ気が失せた。本能的なものなのかもね」と言って、こそっと経験人数を教えてくれました。

なんと1年間で100人以上とヤったそうです。

「ヤりまくると死ぬとか人生とかどうでもよくなるわ」と笑っていた顔が忘れられません。

覚悟ができないのは「自分を出し切って、女性に挑戦をしていないから」

まず僕の場合、一生彼女ができない覚悟をするのが少し早すぎたと思います。

25歳ですから、まだまだ時間はあるし、やれることもありますよね。

でも渦中にいて苦しいときはそんなことにも気が付かない。

その苦しみから逃れるために必死で、周りが見えなくなります。

「一生彼女ができない覚悟をすれば、もうむやみに傷ついたり、期待しないで済む」そんな感覚です。

でも覚悟を決めたところで、周りに彼女ができたり、道行く可愛い女の子を見たら、むずがゆい気持ちがするはずです。

この本当の気持ちを無視しながら生きていくのは、辛いです。それはまだ、僅かでも可能性を感じているからではないでしょうか?

本当は彼女が欲しいのなら努力をして、出し切ったうえで「もう無理だ」と思うことができれば、諦めも付くと思うんですね。

「自分を出し切って、女性に挑戦をしていないこと」これこそが覚悟ができない理由なのだと思います。

僕は一生彼女ができない覚悟をするためにも、一度本気で頑張って女性に正面からぶつかっていこうと決意しました。

隣のタケルくん

僕が今モテるようになって、有村架純似の奥さんができたのは、この同級生の存在が大きいです。

出会わなかったら、今でも一生彼女ができない覚悟をしていたと思います。

この日から同級生と連絡を取り合い、モテるための努力を始めました。

一生彼女ができない覚悟を決めるのは、同級生のモテるようになった道のりまでの真似をしてからでも遅くないと思ったんですね。

一生彼女ができない覚悟をする前にやってみて欲しいこと

それでは周りからいじられるほどのブサメン童貞コミュ障がどうやって変わっていったのかというと、まずは「女性から恋愛対象として見られるレベルになること」を目標に改善しました。

これは基礎的なことで、これだけでモテモテになれるわけではないですが、普通クラスのレベルの女の子くらいは彼女にすることができます。

隣のタケルくん

基本的なことですが、これができていない人が多い!僕の周りの独身も「これじゃあ彼女できないよ」って人が多いです。

だからこそ、基本的なことを向上させ、少し努力するだけで彼女ができる可能性があります。ぜひ実践してみてください

女性から足切りされない最低ライン

いくら彼女が欲しくても「これはないわ・・・」っていう見た目のラインってありますよね。

この女性と付き合うくらいなら、彼女できなくてもいいわってくらいの。

男はこの最低ラインが女性より低く、女性の男を見る最低ラインは高めです。

男は10人の女性と出会うと、8人は恋愛対象と認識します。

女性はというと、男に10人出会うと6人が恋愛対象になるそうです。

これは「即彼氏にしたい!」ということではなく、「第一印象はまあまあだから、話してみてもいいかな」という程度のことです。

このちょっと話してやるか、にも入れずに初対面からばっさりと足切りされてしまう。

まずはこれを防がなければいけません。

この4つを整えればほとんどの確率で足切りは免れます。

女性に「自分は身なりを整えていますよ」という印象を与えられればいいのです。

1000円カットの似合ってない髪だったりり、お洒落とは程遠い服を着ていれば「この人何しに来たんだろう?」と不快感を与えてしまいます。

「自分は恋愛したいと思っている」という意思を、身なりで表現するわけです。

ここに+して、清潔感も整えればばっちりです。

清潔感の整え方は以下のページに詳しく書いています。

32歳で女性と付き合ったことがない男性が3か月で彼女を作る方法

美容を意識すればブサメンがイケメンになることも可能

非モテ男性は今までオシャレや美容なんてしたことがない、という人が多いので、ちょっと意識するだけでカッコよくなることが多々あります。

こちらの動画を見てください。

別人やん!と思いました?これ正真正銘ビフォーアフター同じ人なんです。

ビフォーは「これ髪変えたくらいでブサメン変わらんやろ」と思いますよね。

それが骨格に似合う髪型にカットして、カラーを変えたらイケメンに!「自分は本当に何をしてもブサメン」と思わずに、一度評判の美容室、とくに有名な美容師にカットしてもらってください。

全く別の自分が発掘できる可能性があります。

料金はそれなりにします。

今まで1000円カットや安い美容室、まさかの自分でカットなんてしていたら高く感じますが、かっこよくなるためです。

腕のいい美容室の相場
カット+パーマ 12000円
カット+パーマ+トリートメント 15000円
カット+カラー 12000円
カット+縮毛矯正 15000円

このくらいお金をかけると、先ほどの動画のようにガラリと変わることができます。

イケメンには届かなくても、フツメンになれる可能性は十分にあります。

隣のタケルくん

社会人でもカラーはオススメ。

僕も普通のサラリーマンですが、髪色レベル6のアッシュブラウンに染めています。黒髪ですが外国人風の透明感があり、第一印象が明るくなります。

日本人の元々の髪色は暗すぎるので、少しカラーを加えると見違えます。

無駄に過ごしていた時間こそが宝になる

「一生彼女なんてできない・・・それでいい、覚悟を決めよう」そう思っていた頃、振り返ると僕はまだかっこつけていたように思います。

本当に一生彼女ができない覚悟ができるわけでもないのに、友達に彼女ができたらうろたえるくらいのメンタルの弱さなのに、そう思うとしていました。

なぜ一生彼女ができない覚悟をしようと思ったかを今になって振り返ると、暇な時間が多かったと思います。

職場と家の往復で、家に帰ったら半額弁当を食べてひたすらゲーム。寝る前はネットして2ちゃんに書き込んで、芸能人の悪口を書いてストレス発散。

そんなクソみたいな生活をしていました。

そんな新鮮味も楽しみもないループの様な毎日に、気持ちも沈んでいたんだと思います。

「自分に幸せが訪れるわけないんだ」と。

ここで注目するべきは『時間』です。

今までゲームやYouTube、アニメを見たりひたすら無駄なことに費やしている時間に、モテる努力をすれば大きく変わることができます。

楽な生活を変えるのは辛いです。

これが無理だ、できないと感じるなら一人で生きるほうがいいかもしれません。

これは煽りではなく、その方が幸せになれる可能性が高いと思うからです。

彼女ができれば一人の時間は減りますし、いずれ結婚するとなったら子供や家といったお金もかかります。

そのような負担を重荷に感じるなら、今この時に一生彼女ができない覚悟をしたほうがいいのだと思います。

隣のタケルくん

僕はやっぱり「彼女ができなくていい」と思ったのは強がりだと気が付きました。

本当は彼女が欲しいと思っていると、その気持ちは消えてなくなることはありません。

本当の気持ちに背を向けて逃げ回るよりも、男として努力する覚悟を決めるのもありです。

運命の人と出会う準備をしよう

「もう彼女は本当にいらない、穏やかに過ごしたい」そう本当に思うならそれでいいです。

しかしいざ運命の人が現れたとき、何の努力もしていなかったら、その女性はあなたに振り向いてくれないかもしれません。

いくら運命の相手でも、「一生彼女なんていらねーや」と思って後ろ向きな人生を歩んでいる人を好きになってはくれません。

「こんなに素敵な人がいるのに」とそのとき後悔しても手遅れになります。

そのためすぐに彼女を作ろうと思っていなくても、男を磨いておくことは大事です。

スピリチュアルな話しですが、運命の相手と出会うときは、あるサインが前兆で発せられているそうです。

運命の相手と出会うサイン
・最近よく笑っているとき
・強いショックを受けたとき
・環境に大きな変化があったとき
・やけに物音が大きく聞こえるとき
・疎遠だった人から連絡がくるとき
・新しいことに挑戦しようと思えるとき

このように主にポジティブな気持ちで行動しているとき、運命の人はひょっこり表れてくれるようです。

僕は結婚していますが、確かに妻と出会ったときはなぜか疎遠だった友達から次々と連絡がきたり、1年ほど海外出張に行ったりと大きな変化がありました。

運命の人と出会う瞬間に、相手の女性にも「この人だ!」と感じてもらえるような男になっていたいですね。

一生彼女ができない覚悟する幸せ。しない幸せ

一生彼女ができない覚悟をするのは簡単なようで、どうあがいてもできないくらい辛いです。

本当の意味で覚悟ができた人、一人で生きていく人生を歩める人は、強い人なのだと思います。

自分何をしているときが幸せかを考えたとき、一人でいる時間ではなく、誰かと一緒に過ごす時間が幸せだと思うなら、今努力するべきです。

どんな人生を歩むにせよ、自分が心から幸せだと感じる道を歩んでいきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です