モテないブサメンが彼女をたくさん作って、有村架純似の可愛いこと結婚した方法と手順を説明するよ!

マッチングアプリで会う前に電話して好感度を爆上げする5つの方法

  • この記事で分かること
  • 出会う前に電話をすることが好感度が上がる理由
  • 断られない電話の誘い方
  • 電話が嫌いな女の子への対応
  • 【テンプレ付き】ドタキャンを95%回避して好感度を上げる電話の流れ
  • すぐに使える盛り上がる話題

非モテ

マッチングアプリでメールしている女の子と、会う前に電話してみたいけど、どうやって誘えばいいんだろう?

断られたら嫌だしな・・・。っていうか嫌がられるかな?

どうしたらマッチングアプリで出会う前に電話することができるんだろう。

隣のタケルくん

こんにち!恋愛セラピストのタケルです。

マッチングアプリでほとんどの人はメールだけで、電話を使う人ってあまりいないんですよ。

その分電話をするだけで印象に残りますし、仲良くなるチャンスにもなります。

出会う前に電話をしない手はないです。

今回はマッチングアプリで出会う前に電話する誘い方、盛り上がる話題などをご紹介します。

マッチングアプリでは会う前に電話が超有効!

せっかくマッチングアプリを使っているのに、電話したことがないという方、勿体ないです!

電話を積極的に使っている人もいますが、ほとんどの男性は使わずに、電話せずに女性をデートに誘っています。

しかし出会う前に電話するのとしないのでは、会った後の反応や、彼女にできる率、即ホテル率も違うんです。

マッチングアプリで出会う前に電話をするのが、なぜ有効なのか?電話には7のメリットがあります。

  • 会う前に警戒心が解ける
  • デートのアポ率がグンとアップする
  • ドタキャン率が大幅に減る
  • キャッシュバッカーを一掃排除できる
  • 電話慣れしていない女性にマウントを取れる
  • 電話しない男と差別化できる
  • 出会う前に損切りできる

電話をしないとこれだけのメリットを逃してしまいます!一つ一つ解説していきます。

会う前に警戒心が解ける

女性は知らない物事に対して警戒心を抱くという本能があります。

例えば行ったことがあるお店は、店の雰囲気やテーブルの配置、メニューの品ぞろえなどすでに分かっているため、安心して店に行けます。

初めてのお店では何もかもが分からないので、ネットの情報のみになり「この情報って本当かな?」と行ってみるまでは、本当のことが分かりません。

男性は未知なことに対して「面白そう」「ワクワクする」という気持ちを抱きますが、女性は逆で「不安」「危険かもしれない」と緊張感を感じます。

とくにマッチングアプリで知らない男性と会うのは、女性にとって大きなリスクです。

このリスクを感じていると、女性が本当に「いいな」と思っていても、ちょっとしたことでドタキャンをされてしまいます。

隣のタケルくん

メールだけだと、写真も爽やかだし、メールの感じもいいけど「肌がキレイだね」という一つのメールだけで「この人ヤリモクだったらどうしよう?」と思われてしまう危険性があります。

些細なことが気になって不安を増大させ、結果ドタキャンに繋がります。

会う前に電話をすることで、メールやLINEでは感じ取れなかった雰囲気が伝わり、安心感を与えることができます。

声のトーンや話し方で「この人なら会っても大丈夫そう」と思ってもらえます。

デートのアポ率がグンとアップする

メールで楽しいやり取りはできている、LINEにも移行できた。

でもデートのアポはなかなか取りづらい。日付を決めようとしたら「ちょっと空いてない」と言われて先へ進めない。

マッチングアプリあるあるの、出会うまでの高いハードル。

これはメールだと女の子に考える時間があるので「どうしようかな、まだそんなに会いたい気分じゃないしな」と決断してもらえません。

そこを電話ならアポが断然に取りやすくなります。

ほとんどの女性は押しに弱いので、「じゃあ会う日決めよう!〇日に駅前集合!」と電話で直接話すと、高い確率でOKを貰えます。

考える時間を与えず「アレルギーはある?駅から10分くらいあるんだけど、美味しいフレンチのお店があるからご馳走したい」とどんどん話を進めていきましょう。

隣のタケルくん

既にデートは決定しているので、女性はアレルギーに返答して、フレンチか和食にするかを選ぶしかなくなります。

強い決定力を持つので、アポは電話で取り付けましょう

デートは早ければ早いほどドタキャン率が下がり、効率化できます。1週間以内に出会う方法はこちらをご覧ください。
マッチングアプリは出会うまでが長い!女性と1週間以内に最短で出会うメールテクニック

ドタキャン率が大幅に減る

電話をした場合と、しない場合ではドタキャン率も変わってきます。

僕の場合ですと、「電話をしない30人」ではドタキャンされたのが6人。

「電話をした場合」ではドタキャンされたのが僅か1人という結果に。


電話すると一気に親密になっていますよね。

メールと電話では情報量、情報の質が違うので、100回のメールより5分の電話の方が距離を縮めることができます。

ドタキャンを防ぐ方法については、以下のページに詳しくまとめています。
出会い系でドタキャン率を95%カット!この男には絶対会いたい!と思わせる恋愛テクニック

キャッシュバッカーを一掃排除できる

出会い系で面倒な存在がキャッシュバッカー。

キャッシュバッカーはメールのやり取りでポイントを消費させるのが目的なので、電話は面倒なだけなので拒否してきます。

メールではノリがいいし返信も早い、それなのに電話だけはできない。という場合はキャッシュバッカーと疑ったほうがいいです。

・短文
・ノリがいい
・レスポンスが早い
・LINE交換をしない
・プロフ写真が美人、可愛い
・アポを先延ばしにしようとする

電話を拒否するという点と、上記の特徴が一致していれば、かなり怪しい人物です。

電話をすれば高確率で排除できるので、無駄なお金、時間を消費しないための、自衛対策になります。

電話慣れしていない女性にマウントを取れる

マッチングアプリを使っている女性のほとんどは、マッチングアプリで出会った男との電話に慣れていません。

まずほとんどの男が出会う前に「電話をしよう」と打診してこないので、電話をする機会がそもそもありません。

そのため、電話をすることで上下関係を構築し、女性からマウントを取ることができます。

女性は自分より格下の男を好きになることはありません。優秀な遺伝子を残そうと「この男は格上だ」と認識させることが、上下関係を築くうえで大事なポイントです。

電話しない男と差別化できる

マッチングアプリを使う男性のほとんどは、戦略のない何となくで女性と出会おうとしています。

そのため電話をしようという発想すらない、電話をすることが面倒、電話に慣れていないからしない。

ですがメールだけでは、女性は他の男からもたくさんの連絡を貰っているので、埋もれてしまいます。

「何回かやり取りしていたけど、急にメールがこなくなった」という経験はありませんか?

これは他の男と同じことをしていたため、埋もれてしまって大勢の中の1人になり、切られる対象になったからです。

出会う前に切られるリスクを減らすには、電話が最も効果的。

一度電話をするだけで「この人の声かっこいいな」「思ってたより感じのいい人だな」と、何らかの印象に残ります。

差別化できるので、これだけで切られるリスクが格段に減るんですね。

隣のタケルくん

男女ともに電話慣れしていない人が多い。

そこで電話一本かけるだけで頭一つ飛びぬけることができる。電話しない手はない!ですね

出会う前に損切りできる

基本的に電話するのを拒否する女性は、出会っても難しい場合が多いです。

電話を拒否+以下の様な行動が見られたら、損切りすることをおすすめします。

・電話は絶対しない
・LINE交換は出会ってから
・〇駅は遠いから他の駅がいい
・待ち合わせは絶対〇駅。遠いところは嫌

要求したことを否定して、そこから自分の要求を押し付けてくるタイプは、基本的に我儘で自己中心的な人が多いです。

ちなみにこのタイプはドタキャンも高い。

とくに即ホテルを狙っている場合は、グダグダにもなりやすいので、あえて狙う理由はありません。

マッチングアプリで会う前に電話をするときの誘い方

マッチングアプリを使うときは、出会う前に電話をすることがとても有効です。

しかし「電話はちょっと・・・」という恥ずかしがり屋な女性も多いですよね。

そのため出会う前の電話は誘い方を工夫して誘う必要があります。

隣のタケルくん

電話をかけることに慣れていないと、こちらも緊張してしまいますが、10回もかければ慣れます。

電話しないのはめちゃくちゃ勿体ないので、ぜひ以下で紹介する電話アポ取りを使ってみて下さい。

  • 基本の誘い方+理由付けで成功率UP
  • 「電話で声を聞いてみたい」アポ
  • 電話に不安を感じている女性への対応
  • コロナだから使える小技
  • 「10分だけ」と限定性を持たせる
  • 「ヤリモクですか?」返しづらい話題はスマートに切り返す!

基本の誘い方+理由付けで成功率UP

最もオーソドックスな電話の誘い方は「電話しよう」とストレートに誘うこと。

しかしこれでは女性が「電話が苦手」「ちょっと面倒に感じている」「不安を感じている」場合、断られることがあります。

そのため電話をするための「理由付け」をしてあげると、良い反応を貰える確率が上がります。

電話するための理由付け
「せっかくLINE交換したし、電話しないの勿体ないから電話しよ」

「〇ちゃんって凄くいい子だよね。もっと知りたいから電話しよ」

「文字だけじゃ〇ちゃんのことよく分からない。仲良くなれないから電話しよ」

「~だから」と理由をつけることによって、電話をすることの必要性が具体化され、成功率がグンと上がります。

「〇ちゃんって凄くいい子だよね」という前置きも大切です。

これはラベリング効果という心理学で、人に「あなたって○○だよね」とラベルを貼り付けることで、言われた人はその通りの人間でありたい、という行動をします。

この場合「〇ちゃんって優しいよね」「〇ちゃんって素直だよね」と前置きすることで、電話を断りにくくすることができます。

「電話で声を聞いてみたい」アポ

上記のオーソドックスな誘い方をマスターしたら、次はこちらの誘い方を試してみて下さい。メールのやり取りだけでは絶対に分からないこと、それは声。

以下は僕が良く使っている、名付けて「電話で声を聞いてみたい」アポ取り。


人は決めつけられると、それを否定したいという心理が働きます。

極端に電話が苦手、声にコンプレックスを感じている女性以外はこれで電話できます。

電話に不安を感じている女性への対応

「電話は苦手・・・」という女性はけっこう多いです。

でもここで「そっか、残念」と引き下がっては負けです。

他の男と同様に、何の爪痕も残せずに終わってしまいます。

電話が苦手な場合は、その不安な気持ちに「共感」することで、女性の気持ちを共有することができます。

女性は共感されることで、共感した人のことを「仲間」だと認識する。

「この人も電話が苦手なんだ」と前提に置くことで、親近感が湧き、電話をするという要求が通りやすくなります。

共感の部分はとくに重要なので、しっかり女性の気持ちに寄り添います。

「分かる、自分も電話って苦手なんだ。なんか緊張するし、何を話せばいいか分からないよね。でも〇ちゃんってメールで凄く優しくて素直で、もっと話してみたいって思ったんだ」

としっかり共感+ラベリングをしてから、要求をしましょう。

コロナだから使える小技


ただこれだけ。

「コロナだから電話しよう!」えっこれだけ?と思うかもしれませんが、コロナ禍のいまはこれがめちゃめちゃハマります。

とくに緊急事態宣言が出たときは、100%の確率で電話できました。

今でもリモートワークを続けている会社は多いですし、飲み会やイベントもできる状況ではなく、女性は会話に飢えています。

マッチングアプリでまだ会ったこともない男と電話するのに、普段は抵抗感を感じても「コロナだから」という理由だけで電話できちゃいます。

「10分だけ」と限定性を持たせる

電話に抵抗感、不安を感じている女性には、先に「10分だけ電話しよう」と短い時間を提示して、限定性を持たせることで安心感を与えることができます。

「つまらない男だったらさっさと切りたい」という不安を取り除くことで、「10分だったら話ししてみてもいいか」と繋がります。

また電話の時間は必ず10~15分にします。

盛り上がって今からたくさん会話をしたいのに・・・となっても、必ず時間内に切ります。

これは短い時間で物足りなさを感じさせ「もう少し話してみたかったな」と期待させることが狙いです。

これがワクワク感に繋がり、ドタキャンを防いで、出会ったときもスムーズにデートできます。

隣のタケルくん

僕はよく電話の最後に「でね・・・あっもう時間だね。この話しの続きはあった時に話すよ」と言って切ります。

人は未完のものが気になるというツァイガルニク効果が働くので、出会ったときに「それで、あの話の続きは?」とすぐに盛り上がれるきっかけにもなります。

「ヤリモクですか?」返しづらい話題はスマートに切り返す!

たまに電話で聞かれるのが「ヤリモクですか?」。

「いやいや、そんなんじゃないよ」と答えても何の解決にもならないですし、スマートな返しとも言えません。

ヤリモクかと聞いてくる女性は、少なからず攻撃性があります。

警戒しているのはもちろんですが「ヤリモクなら何言ってもいい」くらい思っているので、ここはこちらも強きに返すのが正解です。

①弱
「ヤリモクじゃなくて、食べモクかな。美味しいお店発見するのが好きなんだ。だから〇ちゃんに美味しいお肉食べさるのが目的」

②中
「ヤリモクって・・・。あんまりそういうこと言わないほうがいいよ、女の子なんだから。〇ちゃんがそういう目的なんだって見られちゃうよ」

③強
「ヤリモクかどうかって、電話じゃ分からないよね?(笑)どうやって判断するの?あっ〇ちゃんってギャグセンス高いんだね」

相手が本当に警戒心から聞いている場合は①②を使います。やんわりと否定する感じですね。

相手が攻撃的に疑ってかかっている場合は③を使い、煽りつつも笑い飛ばして話題をそらすのが効果的。

「いやいや、ヤリモクなわけないじゃん」と怒ったように言って、同じ土俵に立ったら負けです。

口論のようになると終わりなので、流しつつ別の話題に切り替えるのが無難な対応です。

会う前の電話で仲良くなれる!マッチングアプリでのおすすめの話題

それではマッチングアプリで会う前に電話するときの、気になる話題について。

メールでやり取りはしているけれど、電話で話すとなると会話の流れを意識していないと、おかしな方向に流れてしまいます。

そのため電話は「流れ」を意識して、しっかりと着地点を考えて置くことが大切です。

隣のタケルくん

マッチングアプリで会う前に電話をするときの着地点=ゴールは「会う約束」

ただの電話で終わらずに、このときに出会う日取りを決めてしまいましょう。

  • 【テンプレ】電話での基本的な流れ
  • 好感度が上がるフレーズ
  • 「もし」を使って楽しいイメージを共有する
  • 過度な下ネタはドタキャン率を上げる

【テンプレ】電話での基本的な流れ

マッチングアプリで出会う前に電話するときは、10~15分を目安に話しましょう。

それ以上長いとダレて女の子が疲れますし、短すぎても話したいことが話せません。

以下は食いつきが上がり、ドタキャン率が95%下がる電話攻略のテンプレです。

基本的に以下の流れで距離を縮めて、デートアポを取っていきます。

STEP.1
①声と雰囲気を褒める
「おーやっと声聞けたね」「ねー」という感じで入ったら、すぐに声と雰囲気を褒めます。

「可愛い声だね」「優しい声だね」「凄い落ち着く感じ」「女の子らしい雰囲気」など。

STEP.2
②お互いの印象について
自己紹介に入る前に、和むためにお互いの印象について軽く話題にします。

「プロフの感じではしっかりしてそうだったけど、ちょっと天然そう笑」

「真面目な感じだと思ってたけど、テンション高いね!」

などポジティブに感じていることを伝えます。

そのうえで「俺はどんな感じ?」と自分の印象を聞いてみます。

STEP.3
③基本的なプロフ紹介
少し和んだところで改めてのプロフ紹介。

仕事のことや趣味のことなど、まだ話してない内容を伝えます。

STEP.4
④なぜアプリに登録したの?
次にマッチングアプリに登録した動機を聞いていきます。

自己紹介をし終えた後なので「その仕事だったら出会いとかないの?」と入りやすいです。

ここで重要なのが自分がマッチングアプリに登録した動機です。

「仕事で出会いがないから」

「モテないから」というのは聞こえが悪いです。

女性はガチガチに出会いを求めてマッチングアプリに登録している非モテを嫌います。

「ある程度出会いはあるんだけど、この人だ!っていう出会いはなくてね。

お互い大切にできるような人と出会いたいと思って登録したんだ」がベスト。

あるいは「職場恋愛をしてトラブルになって登録した」でもいいです。

女性から相手にされない非モテではなく、モテていることを感じさせましょう。

STEP.5
⑤今までの恋愛遍歴
次は自分から恋愛遍歴を話していきます。これは自己開示することで距離を深め、相手にも自己開示させるのが目的です。

「元カノにはカッコつけてしまって、素直に本音を話せなかった。

だからこれからはお互い本音を言って、支え合えるようになりたい」など、本当のことを話しながらも、ポジティブな印象になるように。

STEP.5
⑥相手の恋愛遍歴
「〇ちゃんの元カレはどんな人?」と相手の恋愛遍歴にも切り込んでいきます。

同意して気持ちを共有が基本です。

「浮気されちゃって」→「辛いよね、俺ならそんなことしないのに」

「面白い人だった」→「そうなんだ、〇ちゃんが好きになったんだからいい人だったんだね」

STEP.5
⑦リフレーミング
リフレーミングとは「物事への考え方を変化させ、新しい視点で考えてみる」ということです。

この場合はお互い過去に恋人と別れを経験して、何らかの辛い体験をしています。

「大好きだった恋人と別れるって辛いよね。

でも別れがあったから、今こうして〇ちゃんと電話できてるって思うと、なんか嬉しいかも」という感じです。

元カレに浮気された女の子なら

「浮気されるのってショックだよね。俺もされたことあるから分かる。そういう経験があるからこそ、自分は絶対に相手を傷つけるようなことしない!って思った」

と返せば「あっこの人は同じ気持ちを理解してくれて、浮気しない人なんだ」と好印象を持たれます。

STEP.5
⑧恋人に求めている内容
恋愛トークをした後は、最初より距離が縮まっているので一気に恋人に求めている内容にまで追求します。

「お互い意見を出しあえる関係になりたい」「自然体で過ごしたい」「支え合って成長できる関係になりたいなど、女性受けがいい発言をします。

今までの恋愛経験を踏まえて、こうなりたいと思っていると、成長していきたい面を見せます。

STEP.5
⑨デートアポ
最後にデートのアポを取ります。

茶番ですがこれめちゃくちゃ効果あるのでぜひ使ってみて下さい。

相手が「いつでもいい」という返事だったら「今週は埋まってるから、来週の〇日にしよう」と日を限定して提案します。

スケジュールがら空きの男だと思われると、価値が低く見られて食いつきが下がります。

隣のタケルくん

以上が会う前の電話の理想的な流れです。

このテンプレに沿って会話することで、距離感が縮まり、その他大勢の男とは違うしっかりした差別化ができます。目安の時間は10~15分。

あまり長引かせずに一通り話したらさっと切りましょう。

「もうちょっと話したかったな」くらいの物足りなさを感じるくらいがベストです。

好感度が上がるフレーズ

電話は長くなると女の子が疲れてきて「もう終わらせたいな・・・」という雰囲気になったら失敗。

10~15分ほどですぱっとスマートに締めよう。

最後の印象が良いと、全体を通して「なんか楽しかった」という記憶が残りやすい。

「もし」を使って楽しいイメージを共有する

出会う予定が2週間以上開くときは、2回は電話したほうがドタキャン率が下がります。

そんなときの話題は「自分とのデートをイメージさせる」のが有効。

「もし俺と付き合うなら、どんなカップルになりたい?」

「もし俺とデートするならディズニーとUSJどっちがいい?」

人は想像するときに必ず脳内でイメージを浮かべて、言われたことを想像します。

すると今までは考えていなくても、急に現実味を帯びて「そういうことがあるかも」と脳内に刷り込みまれます。

二人の時間を想像させて、楽しいイメージを共有することで心を動かすテクニック。

過度な下ネタはドタキャン率を上げる

電話で盛り上がってくると、やってしまいがちなのが過度な下ネタを挟むこと。

過去の恋愛の話しで盛り上がって、「元カレとは体の相性は悪かった」→「それなら俺と気持ちいいセックスしよう」「イチャイチャしようね」「好きな体位は?」などは絶対NG。

理由は女性は「感情で動く生き物」だからです。

その場で「好きな体位は騎乗位だよ!きゃはは」と盛り上がったとしても、次の日には「何であんなこと話したんだろう?」と冷静になってしまうからです。

そして出会う約束の日が近づいてくると「あんなこと話したし、会ったらホテル確実だよね。会うの怖いな。

やっぱりやめよう」とドタキャンになるわけです。性的な話に踏み込むのは出会ってからが鉄則です。

マッチングアプリでは会う前に電話して距離を縮め、アポ日に備えよう

マッチングアプリでは会う前に電話をするか、しないかでは出会える確率、出会ってから盛り上がれるかどうかに大きな違いが出ます。

会う前の電話で度食いつきを上げておくことで、ドタキャンを防ぎ「初めて会った気がしないね」と言ってデートをスタートさせれば、和やかに進みます。

電話のコツはいかにスムーズに電話を取り付け、デートアポを決められるか。

上記の電話の流れは鉄板なので、電話するときは表を見ながら進めて行ってください。

話題が外れそうになったら、流れに戻すのも男の役目です。電話での主導権を握り、中身のない話に移動しない、つまらない話題を提供しないようにしましょう。

もし流れてしまったら「それでさっきの話しなんだけど」と戻しましょう。

隣のタケルくん

マッチングアプリでは出会う前から勝負が始まっています。メールだけを送ってそわそわしている男達に差をつけて、可愛い彼女をゲットしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です