モテないブサメンが彼女をたくさん作って、有村架純似の可愛いこと結婚した方法と手順を説明するよ!

どうしても彼女が欲しい男必見!出会いがなくても出会って恋を成就させる方法

サラリーマン

どうしても彼女が欲しいけどできないんです。職場と家の往復で出会いがないのが悩みです。

こんな場合どうしたら彼女ができるでしょう?

隣のタケルくん

普通のサラリーマンだと出会いの場所ってどうしても限られますよね。

一方でフツメンなのに彼女を切らさない男ってたまにいますよね。

あれには恋愛テクニックがあるんです。今回はどうしても彼女が欲しいと切羽詰まった男性向けに、彼女ができる方法を解説します。

どうしても彼女が欲しいのにできないのは、圧倒的な行動量不足

どうしても彼女が欲しい!と思っているのにできないのは、ブサメンだからでもコミュ障だからでもありません。

圧倒的に女性に対する行動量が足りていないからです。

どうしても彼女が欲しいと思っているだけで、学校や職場と家との往復しかせず、毎日決まったルーティーンを過ごしていませんか?

どんなにどうしても彼女が欲しいと思っていても、女性との接点がない生活ではできようがありません。

これがよくいう出会いのない状態です。

出会いの少ない状態で彼女ができるのは、イケメンでないと無理です。

イケメンは10人中8人の女性が付き合いたいと思いますが、フツメンだと10人中1~2人、ブサメンだと10人中0人になってしまいます。

「女性の少ない職場でも彼女ができるやつはできるのに俺は・・・」と感じるのは、そもそも間違いなんです。

そんなに女性の数が少ない、変動がない場所では戦うことができません。

女性10人がいる場所ではなく、100人、1000人いる場所で戦ってこそ結果が得られます。

そしてそんなたくさんの女性と出会うために、あなたは今努力をしていますか?

どこへも出かけていない、女性と連絡先を交換しようとしていなら、それはあなたがモテないからではありません。

モテるための行動量が足りていないのです。

サラリーマン

確かに職場と家、あとたまに行くネットカフェとカラオケ以外はどこにも行かないです。

こんな生活じゃ出会いなんてないと分かってはいるんですが、どこで出会いを探せばいいかも分からないんですよね。

隣のタケルくん

そんな生活では彼女ができないのは当たり前ですね。

しかしそれは裏を返せば、行動量さえ増やせば確実に彼女はできます。

変動しない数十人の女性がいるコミュニティ内で彼女を作ろうなんて、僕たちフツメンには無理な話なんですよ。

もっとたくさんの女性がいる世界に行けば、興味を持ってくれる女性は必ず見つかります。

「この人!」と決めると上手くいかない

どうしても彼女が欲しい!と思ってなんとか彼女を作ろうとする男がやりがちなのが、「この人を彼女にしたい!」と決めてターゲットロックオンすること。

一人の女性にアプローチしてなんとか落とそうとしますが、これが上手く決まったという人はほとんどいないでしょう。

じつはこれ正攻法のアプローチに見えますが、女性から嫌われてしまう方法なんです。

「えっ少女漫画でも恋愛ドラマでも、一途にアタックし続けた男がヒロインをゲットしてるよ?」と思うかもしれませんが、これは「イケメンに限る」の現象です。

フツメンやブサメンの顏で勝負できない男ほど、一人の女性に執着してアプローチし続けるのは無残な結果になります。

これは何故かというと、女性は一人の女もものにできてない必死な男は、オスとしての価値が低いと本能的に感じます。

「こんなに必死になってアプローチして、モテない男だなこいつ。きもっ」と思われてしまうんですね。

非モテはストーカーになりがちですが、ストーカーが女性から嫌われるのはこのような理由です。

一人の女性に執着すると、とにかくフラれたときにリスクが大きすぎます。

3か月かけてアプローチしてフラれたなら、その3か月は水の泡です。

1年かけたなら1歳歳を取ってしまいます。

この時間を他の女性にあてていたなら、きっともう彼女はできていたでしょう。

どうしても彼女が欲しいと思うなら、一人の女性への執着はやめて、たくさんの女性をターゲットにすることです。

サラリーマン

大学時代からずっと好きだった先輩がいたんですが、振り向いてもらえなかったのは執着しすぎたせいだったのかな。

隣のタケルくん

好きな女性がいるなら、それこそ他の女性と遊ぶべきです。

「俺はモテるオスだよ」と見せることで、興味を引くことができます。

これが執着してしまうと「つまらなそう」と感じさせてしまい、価値のある男に感じないんですね。

胸キュンしないってことです。

恋愛テクニックを磨く男はたったの1割

日本は3割の男が生涯独身、30代の10人に1人が童貞という、非モテ男が多い国です。

非正規雇用や氷河期世代などの社会的問題もありますが、最もな問題は恋愛テクニックをまったく勉強していないためだと思います。

モテない男はモテないままずっと生きているので、恋愛テクニックを学ぶ機会さえありません。

そのためモテる男はモテに拍車がかかり、非モテはずっとモテないという負のループが出来上がっています。

社会人になると学生時代の頃に比べて勉強する機会が少なくなります。

文化庁がひと月にどれくらい本を読むかを調査したところ、8割の人が一か月に1冊も本を読まないという結果になりました。

ほとんどの人は勉強なんてせずに、ただ仕事をして生活しているだけという驚きの結果です。

そのなかで恋愛の本を読む人はもっと少なく、1割にも満たないことが分かりました。

つまり恋愛テクニックを磨こうと勉強する男は、全体の1割もいないんです。

ほとんどの人が恋愛テクニックを知らないなら、1割の勉強した男が無双してしまう状態になります。

これがモテる男はますますモテて、一人でたくさんの女性を食ってしまうことに繋がります。

しかしこれは裏を返せば、ほとんどの人が知らないモテテクニックを勉強すれば、上位の1割に慣れるということです。

どうしても彼女が欲しいなら、恋愛テクニックの基本くらいはマスターしましょう。

サラリーマン

恋愛に勉強が必要ですか。考えたことなかったです。

隣のタケルくん

僕も25歳までは非モテ童貞でしたが、恋愛テクニックを学んでからモテるようになりました。

モテたいと思ってるのに、ぶっつけ本番で合コンしてデートして、あまり上手くいかなかった経験が多いんじゃないでしょうか?

これは恋愛テクニックを知らないから起こる現象です。

女性の心理を理解して、その上で効果的なテクニックを使えば、今まで非モテだった人でもモテることは可能です。

どうしても彼女が欲しいときに即彼女を作る5つのテクニック

どうしても彼女が欲しいなら、恋愛テクニックを勉強し、レベルの底上げをすることが必要です。

上位1割の男は知っているテクニックですが、それを実際に使われる女性は少ないので、下手でも使うだけでバキバキの効果を発揮します。

一つだけでもいいので実践してみて女性の反応を見てみてください。

今まで微笑んでもくれず、相手にもされなかったのが嘘のように、好意的な反応を示してくれるはずです。詳しい方法は、以下のページに書いてあります。

すぐに彼女を作る方法!非モテ人生が1か月後かわいい彼女とセックスし放題に 美人にモテたい男必見!7つの恋愛テクニックでプライド高い系女子を口説く方法

このページでは以下の恋愛テクニックについて紹介します。

・テストステロン値を高める
・期限を決めて自分を追い詰める
・モテる男であると演出する
・運命の女性より偶然の出会い
・100人と連絡先を交換する

テストステロン値を高める

どうしても彼女が欲しいという気持ちのとき、男なら=性欲も高まっていますよね。

この性欲が大事で、性欲はテストステロンという男性ホルモンの量で決まります。

テストステロンが多いほど性欲が増し、女性を狩るために行動するという男の本能が目覚めます。

現代の10代、20代はこのテストステロン値が低くなっているというデータがあります。

そのため若い男は彼女がいない人が多い、彼女がいなくてもいいという男が増えているのも、テストステロンが少ないのが原因の一つだと言えます。

またテストステロンが高い男は、それだけで女性からモテるという研究結果があります。

女性にたくさんの男から魅力的な男を選ばせた結果、テストステロンが高い男が選ばれました。

モテる上に行動力があるので何でもできる。これで彼女ができない男はいません。

テストステロンを高める方法はこちら。

彼女と別れてもテストステロン値が高いと、またすぐに彼女ができるので、継続的に彼女を切らなさないためにも、日頃から意識して高めていきましょう。

期限を決めて自分を追い詰める

どうしても彼女が欲しいときに有効な心理テクニックがあります。

それは彼女ができるための「期限」を決めるということです。

スタンフォード大学で期限についての興味深い実験がありました。

学生をAとBのグループに分けて、レポートを提出させるというものです。

Aグループにはレポートの受付は無期限。Bグループには期限を設けて受付をしました。

すると提出期限のないAグループの提出率は25%、提出期限があるBグループは66%の提出りにつなりました。

このことから、人は期限付きでないと時間を有効に使えないことが分かります。

クーポンにも期限付き、無期限がありますが、期限付きのクーポンの方が使用率が高い話は有名です。

どうしても 彼女が欲しいなら、「〇月〇日までに絶対に彼女を作る!」とうい目標を立てましょう。

そのときまでにしなければならないことが明確になり、無駄に過ごしていい時間がどれほどあるのかをはっきりすることができます。

そして期限までに目標が達成できなかったら、罰を用意しておくことも必要です。

罰には賛否ありますが、それでも罰があった場合は目標達成率が30%アップするとされます。

自分への罰の与え方で、もっとも効果的なのはお金です。

お金を失うことは心理的に非常に負担が強くストレスを感じます。

親や兄弟、友達に「期限までに彼女が作れなかったらお金を渡す」と宣言しておきます。

信頼ある人なら先にお金を渡しておくのがもっと効果的です。

期限までに彼女を紹介することができなければ、お金は戻ってきません。

自分が失ったら痛いと思う額を設定して、期限までに彼女ができるように頑張ることができます。

モテる男であると演出する

どうしても彼女が欲しいと焦っていると、その焦りを女性が感じてモテなくなる現象があります。

女性はモテてない男が嫌いで、男としての価値が弱いオスは本能的に避けます。

上記した一人の女性に執着するとフラれるのは、この理論です。

そのため逆に考えると「嘘でもいいのでモテる男を演じるとモテる」ということです。

女性に「この男はモテている。価値の高い男だ」と感じさせたら、たとえ童貞でもブサメンでもモテモテになれます。

これは以下のページの「人でも応用可能!イケメンよりブサメンがモテる理由」に詳しく書いています。

彼女が欲しくて死にそうな非モテ男に伝えたい、今すぐできる7のモテテクニック

これを意識して行動してみましょう。

コツは「セフレが10人いる」と思って行動すること。

セフレが10人いたら毎日どんな生活になり、どんな言葉になり、女性とどう接するか考えてみましょう。

忙しくて一人一人にLINEは丁寧に送れないし、一人にフラれたくらいで何とも思いません。

その余裕な態度が女性を強く惹きつけます。

運命の女性より偶然の出会い

どうしても彼女が欲しいと思っているのに、女性を紹介しても「ちょっと違うな・・・」とえり好みする人がいます。

非モテなのに女性を容姿でえり好みする人は要注意

あなたは自分が思っているほどにかっこよくないですし、今のレベルでは紹介された女性があなたと丁度いいレベルです。

非モテほど「どこかに運命の人がいるはずだ」と思い、惹かれなかった女性には見向きもしません。

しかしこれでは女性と接する機会もないままで、自分のレベルは上がりません。

運命の人と思える人を見つけたとしても、きっと振り向いてもらえないでしょう。

好みの女性をゲットするためにも、日頃から女性と接点を増やしモテておかないと、運命の人を彼女にすることはできません。

どうしても彼女が欲しいと思っているときは、運命の出会いよりも偶然のどこにでもある出会いを優先するべきです。

100人と連絡先を交換する

男は初対面の女性と出会ったとき、その女性を恋愛対象だと認識する割合が70%とされています。

普通、どちらでもないが10%、恋愛対象外が20%で、ほとんどの場合、男は女を見たら恋愛対象だと感じるわけです。

女性はというと、初対面の男と出会ったとき、その女性を恋愛対象だと認識する割合が20%。

普通、どちらでもないが50%、恋愛対象外が30%となっています。

女性の場合は、ほとんどの男を恋愛対象外と認識するわけですね。

女性がぱっと見で判断する気持ちは変えられません。

ではどうやってこの少ない枠に入るかというと、出会いの数を増やすことです。

1年間に5人の女性としか出会えなければ、恋愛対象に入れる確率はほとんどありません。

10人に出会えば、2人からは興味を持ってもらえます。

それでもまだ彼氏になるというと、難しいです。では100人の女性に出会えばどうなるかというと、20人の女性から興味を持ってもらえます。

その中から連絡先を交換して、デートをして、4~5人は彼女になってもいいという女性が現れます。要は「恋愛は確率論」ということです。

イケメンやお金持ちの男性はこの確率が上がりますが、フツメンで目立った取り柄のない男性は、とにかく女性と出会う機会を多く持つことが、彼女を作るための最善の方法です。

気になる女性やかわいい女性など、1年に数人の女性にしか声をかけないのはやめましょう。競争率が高い女性はもっと確率が低くなります。

とにかく出会う女性にはすべて連絡先を聞く!この意気込みが大事です。

たくさんの女性と出会うために合コンや友達の紹介、利用できるものは全て利用しましょう。

このときのために男友達を増やしておくのもモテるためのコツです。

人脈が多いほど、出会いの数は増えます。

男友達はあまりいないという方におすすめなのは出会い系サイトの
ハッピーメール(18禁)
です。

サクラがおらずセキュリティがしっかりしているので、安全に女性と出会うことができます。

これなら1週間で100人と連絡先を交換するのも可能です。

恋愛は確率論なので、脈がない女性は追わず、脈ありな女性だけ追っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です