モテないブサメンが彼女をたくさん作って、有村架純似の可愛いこと結婚した方法と手順を説明するよ!

彼女が欲しくて死にそうな非モテ男に伝えたい、今すぐできる7のモテテクニック

非モテ

もうダメです・・・。彼女が欲しくて死にそうです。

最近彼女が欲しくて死にそうで、そのことばかり考えます。

どうしてもできなくて、メンタル落ち込んで毎日つまらないし、こんな僕にどうやったら彼女ができるの?

隣のタケルくん

分かります!彼女が欲しくて死にそうな気持ちって、男ならほとんど感じたことがあるんじゃないかな?

努力しなくてもモテるイケメン以外は。

僕も非モテの頃は彼女が欲しくて死にそうだ!って思ってました。

今は辛いと思いますが、その強い気持ちがあれば大丈夫!彼女はできます。

今回は彼女が欲しくてもう死にそう・・・って切羽詰まった男性向けに、最短1週間で彼女を作る方法を伝授します!

彼女欲しくて死にそうだと逆にモテない理由

彼女が欲しくて死にそうだ!こうなったら手あたりしだい周りの女性に声をかけてやる!ってことをしたことある人いると思います。

僕もそうでした。でもこれ実際やると、見事に玉砕するんですね。

学生時代の女友達をデートに誘っても断られたり、職場の女性を飲みに誘っても彼氏いるからと断られたり、何なら「今は彼氏欲しくないんだ」って言ってた女性が1週間後彼氏できた~ってこともありました。

女性の彼氏欲しくないは、体のいい断り文句ですね、はい。

何で女性はこんなにも必死で熱い気持ちを持った、彼女が欲しくて死にそうな男の誘いを無視するのでしょうか?

それは女性の本能的な「必死な男は避ける」という点にあります。

非モテ

必死にアプローチするのって男らしくて、女性は喜ぶと思ってたんですがダメですかね?

以前妹の友達が家に遊びにきていたとき、二人きりになる時間があってLINEを聞いて遊ぼうと思ったんですが、断られました。

後で妹から怒られて「恐かった」と言われて落ち込みました。

隣のタケルくん

妹の友達の女性からしたら、遊びに行った家の人に言い寄られたら恐いですよね。

その辺りが彼女が欲しくて死にそうで必死過ぎて、距離感が掴めなくなっていると思います。

必死だと何が女性から嫌われるのかを見てみましょう。

女は追いかけられると冷めてしまう

女性が好きになる男の条件として外せないのが「自分より価値の高い男を好きになる」という点です。

女性は自分より強い、賢い、お金を持っている、尊敬できる、生命力が高いという、自分に持ってない物でさらに自分を引き立たせてくれる男を好きになります。

男の価値を簡単に測る方法は、一人の女性を必死になって追いかけることです。

一人の女性を追いかけるのは一途な男だと思われると思いますが、実はこれ逆効果です。

「一人の女を必死になって追いかける=モテない」の図式になり、「この男は自分より価値が下だ」と認識してしまいます。

すると付き合えたとしても、お金を貢ぐだけの摂取要因になったり、すぐに他の男に移ってしまうなどしてしまいます。

心底惚れられる状態にならないんですね。

一人の女を必死になって追いかけない。

「きみなんて大勢いる女の1人に過ぎないよ」と余裕の態度で接して、追いかけてはいけないんです。

狭いコミュニティ内を荒らすと非モテに

彼女が欲しくて死にそうなときにしてしまいがちなのが、周りにいる女性に手あたり次第声をかけてしまうこと

会社の同僚、後輩、お弁当の宅配スタッフ、出入り業者、学生時代の友達、友達の友達など、とにかく女性とあらば声をかけるのはNGです。

日本人は狭いコミュニティ内でのトラブルを嫌い、恋愛のようにトラブルに発展する出会いを極力避ける傾向があります。

社内恋愛で付き合う人も多いですが、これはモテる者同士が上手に恋愛をした結果。

彼女が欲しくて死にそうな非モテ男には、社内恋愛のように狭いコミュニティでの恋愛は不向きです。

とくに気を付けたいのが、同じ社内の女性複数人に声をかけてしまうこと。

女性同士の繋がりは広いので、どこでどう繋がっているか分かりません。

とくに男性から声をかけられたという情報は、すぐに女性の間で広がります。

今はグループLINEなんてあるので、本当にあっという間です。

そこで「わたしもあの人にデートに誘われた」なんて広まったらアウト。

誰にでも声をかける軽い男だと認定されて、社内で彼女を作るのは難しくなります。

狭いコミュニティでは出会える女性の数にも制限があるので、彼女作りにはおすすめしません。

思考がネガティブになっている

彼女が欲しくて死にそうになっていると、もう一つ大きなモテない要素があります。

思考がネガティブになっていて、モテないのに拍車がかかり、さらにモテなくなり負のループに嵌っていることです。

モテない男にはこのような特徴があります。

女性から相手にされないから「こんなに優しくて真面目な俺に振り向いてくれないなんて、女は顏しか見てない。本当にバカばっかりだ!」みたいに考えて、女性をバカにして考えている人が多いです。

女性の前で緊張して優しそうに話をしても、そのように人をバカにする態度に女性は敏感です。

それでまた女性から相手にされず、「やっぱりまたか!」となるでどんどんモテないループに拍車がかかってしまいます。

逆にポジティブな気持ちになれば、物事はどんどん好転していきます。

ネガティブがネガティブを生むように、ポジティブはポジティブを生みます。

この負のループに陥っていることに気が付き、早くポジティブな輪に入らなければ彼女はできません。

彼女欲しくて死にそうな男が1週間で彼女を作る恋愛テクニック

非モテ

彼女が欲しくて死にそうなくらい思い悩んでいるのに、できない理由が何となく分かりました。

これじゃ女性から恋愛対象に見てもらえないんですよね。

それならどうしたらいいの?

隣のタケルくん

彼女が欲しくて死にそうな気持ちは悪いことではないです。

その気持ちがあるからこそ男だと思うし、行動する原動力になります。

これからは悪い方向を見直して、彼女ができるためのポジティブで行動的な道へシフトしていきましょう。

女性はたくさんの基準から男を査定している

女性は選ぶ性であり、たくさんの男を品定めしてオスとしての価値が高いかどうかを常に判断しています。

「イケメンか」「コミュ力はあるか」「清潔感はあるか」「身長は高いか」「体は健康的か」「病気を持っていないか」「女性の扱いを把握しているか」挙げればきりがありませんが、男が単純に女性を好きになるときより、女性は多くの判断基準から合格した男だけを好きになります。

その判断基準の重要な点で「他の女からモテているか」というチェック項目があります。

これはイケメンか、コミュ力があるか、金持ちかなどの重要な要素よりも強く、この「他の女からモテているか」だけをクリアすれば、それだけで選ばれる男になれます。

これはどういうことかと言うと、ドガトキンという生物学者がしたとある実験が参考になります。

人でも応用可能!イケメンよりブサメンがモテる理由

ヒレが小さく、発色の悪いオスのグッピーいわばブサメングッピーと、ヒレが大きく発色のいいイケメンのグッピーがいます。

当然自然界ではイケメンのグッピーが選ばれ、交尾できるのはイケメングッピーだけです。

ブサメングッピーは淘汰されてしまい、交尾できずに子孫を残せません。

そんなブサメングッピーがいる水槽に、メスのグッピーを放つと、さすがに1匹しかオスがいないのでメスは交尾します。

メスを繰り返し入れ替え、ブサメングッピーに何度も交尾させます。

それを隣の水槽から、メスのグッピーに交尾の様子を見せているとどうなるでしょう?

ブサメングッピーとイケメングッピー、交尾を見ていたメスの3引きを同じ水槽に入れると、メスはブサメングッピーと交尾する確率が非常に高いことが分かりました。

これは「このブサメンはたくさんのメスと交尾していたから、優秀な遺伝子を持っているに違いない」とメスが判断したわけです。

これはつまり、ブサメンでもモテている様子を女性に感じさせればモテるということです。

ブサメンでも金がなくても、背が低くても関係ありません。たくさんの女から求められているのですから、価値の高いオスになります。

とりあえずセックス不足を解消する

上記のグッピーのモテる方法を応用すると、見せかけでいいのでとにかく女性からモテまくっている状態になるのが、モテることの近道です。

よく分からないと思いますが、実際はモテていなくても、モテている状態を作ることはできます。

このように実際はモテていなくて構いません。

「俺はたくさんのセフレがいて、女には困ってないよ」という雰囲気を醸し出せればOKです。

それには演技と自己暗示が必要です。

実際は彼女が欲しくて死にそうでも、モテて毎日セックスしまくっていて忙しいと思ってください。

そんなモテ男だったら普段どう行動するか?

女性の扱いは慣れているので美人にでも気軽に声をかけますし、デートの誘いもスマートにします。

最初から完璧にはできませんが、彼女が欲しくて死にそうな態度で、必死に女の子に声をかけるよりは確実に効果があります。

モテる男だったらどう行動するか?よく考えて、イケメンになりきってみましょう。

男として見られる基本を整える

彼女が欲しくて死にそうな男ほど、モテる努力をしていない人が多いです。

彼女がすぐに欲しいなら、最低限の容姿をクリアしなければなりません。

最低限の容姿は、フツメン以上にならなくてはいけないのではありません。

「清潔感」を女性からOKを貰える基準にまで上げます。

最低限の清潔感はクリアしましょう。他にも整えることはありますが、基本は上記をしっかりすれば、第一印象から恋愛対象外と外されることはありません。

容姿の向上は以下の記事で詳しく解説しています。

1か月の短期間で、童貞から彼女を作る方法をまとめているので、こちらも合わせて読むと効果的です。

すぐに彼女を作る方法!非モテ人生が1か月後かわいい彼女とセックスし放題に

仲の良い女友達を飲みに誘う

モテない男は女友達は少ないですが、いるならデートに誘ってみましょう。

女性は一度男を友達フォルダに入れると、そこから恋愛対象に発展させるのはなかなか難しいです。

ここから男として恋愛対象に入るためには一つしか方法はありません。

「ギャップ」を見せることです。

今まで友達として見られているなら、気軽にデートに誘い、かっこよく決めた姿を見せます。

しっかりエスコートして、楽しく話をしてデートを楽しんでもらう。

デート中に加点される方法はこちら。

このくらいしっかり女性をエスコートできる男は意外と少ないです。

非モテほど「デートは自然体で」なんて行動して、女性からげんなりされて失敗するので、しっかりエスコートしてリードするつもりで行動しましょう。

非モテだと思っていた男友達が、こんなにしっかり気が利くエスコートをしてくれたら、男らしいギャップで恋愛対象になることが可能です。

付け焼刃でいいから恋愛テクニックを身につける

彼女が欲しくて死にそうなくらいなのに、今彼女がいないなら、それは恋愛テクニックを今まで使ってこなかったのでしょう。

じつはモテる男は勉強して、あるいは自然にモテる方法を身につけ恋愛テクニックを使っています。

これが自然に分かる空気が読める男ならそのままでいいですが、モテ方が分からない男は恋愛テクニックを勉強する必要があります。

だいたいほとんどの男、90%が恋愛テクニックを学んだことがなく、自然体のまま生活しています。

残りの恋愛テクニックを勉強した10%になれば、それだけで恋愛の上位に立てます。

すぐに使える恋愛テクニックは以下のページにもまとめてあります。

こちらも合わせて読んでおくとより効果的です。

低身長の男がモテるには恋愛工学を使おう!6つのテクニックを大公開

ここでは非モテでも少し練習すれば使えるテクニックをご紹介します。

褒め上手になる

女でも男でも、褒められて嫌な気持ちになる人はいません。

美人は褒められることに慣れていますが、それでも嫌な気はしないものです。

人は誰しも褒められることを求めていますが、大人になるとめっきり褒められる機会が減ります。

それは「褒め」る行動は、ほとんどの場、親か先生からしか褒められないためです。

大人になるとできて当たり前、逆にできない部分にばかり注目されて、怒られることのほうが多いと思います。

自分が褒められないと、自然に褒められ方が分からなくなり、自分も周りの人を褒められなくなります。

「褒め」がないことが日常になるんですね。

モテる人は逆で、日常に「褒め」を使っています。

自分から率先して周りの人を褒めて、気分をよくして雰囲気を盛り上げます。

すると自然に周りに人が寄ってきて「あの人といると元気が出る」と思われるようになります。

とくに女性は褒められることが大好きなので、褒めのテクニックはどんどん使っていきましょう。

女性を褒めるテクニック
【些細な変化に気づかれると嬉しい】

髪型が変わっていたら「かわいい」「似合ってる」「夏っぽいね」

可愛い服を着ていたら「〇さんって凄くお洒落だね」「これどこの?センスいいな、羨ましい」「凄く似合ってる」

【コンプレックスは「俺は好き」で褒める】

「あー、一重の目が嫌い」「そうなんだ。俺は〇ちゃんの目クリクリしてて好きだな」

「くせ毛なんですよ。梅雨とかもううねっちゃって」「

【美人は褒める場所をずらす。そうでない女性は外見を褒める】

美人には「姿勢がキレイだね」「ネイル可愛いね」「あっそれ○○(ブランド)だね。セン
スいいね」

普通の女性には「可愛いね」「とっても素敵な笑顔」「○○(美人芸能人)に似てる」

ほとんどの男は女性を褒めることが苦手です。

女性に対して「素敵」なんて言葉を使ったことがない人が多いので、少し褒めを使えるようになるだけで女性から「気になる存在」と意識してもらえます。

恥ずかしがらずに、さらっと褒めを日常に取り入れましょう。

まずはルックスレベルの低い女の子を狙う

非モテの今の段階で可愛い女の子を彼女にするには無理があります。

時間がかかってしまうので、とりあえず彼女が欲しくて死にそうな気持を落ち着かせるためにも、ルックスレベルの低い女の子を狙いましょう。

あまり可愛くない女の子は普段受けている男からのアプローチも少なく、熱心に誘われることも少ないです。

そのため恋愛テクニックを使ってアプローチすれば、彼女にできる可能性が高いです。

ポイントは中の下ではなく、下のランクを狙うこと。できれば下の上ではなく、下の中以下が望ましいです。

ブスだなと思っても、下の上の女の子も以外と男からアプローチされています。

下の上レベルの女の子は、中の下以下の男から需要が高く、可愛い子に相手にされなかった男が群がる最後の砦です。

このくらいならイケると思っても、今の非モテの状態では相手にされない可能性が高いので、まず自分のレベルはそれ以下であることを認識しましょう。

無事彼女を作れたら、徐々にレベルアップして可愛い彼女を作っていけばいいのです。

まずは付け焼刃の武器で、地元のスライムを倒すところから始めましょう。

非モテ

スライムから倒していくか・・・。

正直ブスな女の子って対象外なんでだけど、それでも彼女にしたほうがいいですかね?

隣のタケルくん

絶対したほうがいいです!

だってまだそんなレベルが低いと思っている女の子も、彼女にできてない状態なんですよ。

自分で思っているより、自分のレベルは低いです。

まずは自分に価値がないことを認め、レベルアップしていくための努力をしていくことが、可愛い彼女を作る最短の道です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です