モテないブサメンが彼女をたくさん作って、有村架純似の可愛いこと結婚した方法と手順を説明するよ!

彼女ができない精神的・肉体的ストレスがヤバい【効果があった5つの対処法】

「もうダメだ・・・死にたい」25歳のころ、僕は一人安アパートの汚い布団に寝転んでそんなことを呟いていました。

彼女ができないストレスから、もう何もかもが嫌になっていたんです。

周りはみんな彼女持ちなのに自分だけできない、友達からも置いて行かれて、クリスマスを一緒に祝う女性はいない。

そんな毎日にときには涙が出るくらい強い不安感を感じていました。

精神的にも肉体的にもダメージがありましたが、このままではまずいと思い、彼女がいない状態でも何とかストレスと向き合うことに成功しました。

今回は彼女ができないストレスの解消法をご紹介します。

タケル

僕はストレスから仕事にもやる気が出ず、ぼーっと過ごしていた時期がありました。そうならないためにも、ストレスと向き合い対処法を身につけておきましょう。

彼女ができないストレスによる精神的ダメージがヤバい

彼女が欲しいと思っているのにできないときのストレスはハンパないです。

ストレスは毎日積み上げられる小石のようにたまっていき、心がドロドロした感情でいっぱいになります。

長期的にストレスを感じていると、うつ病になったり心身症になったりと、身体的にも様々な症状を引き起こします。

僕は以下の様なストレスを感じていました。

モテない男性にはほとんど当てはまるのではないでしょうか?

精神的ダメージ
・とにかくイライラする
・女持ちと比較して嫉妬する
・街中でカップルを見ると絶望する
・将来が不安になる

とにかくイライラする

とにかく何をしててもイライラします。

気持に余裕がないのでキレやすいですし、ほんの些細なことでも怒りを感じてしまう精神状態です。

人は他者に認められないと、性格が攻撃的になってしまうという心理データがあります。

とくに異性に認められていないと、攻撃的になるケースは多いそうです。

このイライラした気持ちを引きずったまま30歳、40歳と年齢を重ねていくと、いずれ電車の中で若いカップルにわーわー喚き散らすようなおかしな人になってしまいます。

タケル

僕はとくに親に対してイライラをぶつけていました。小心者なので、親にくらいしかあたれないんですね。母に電話口で怒鳴ったり、せっかく実家から送ってくれた食べ物を捨てたりしていました。とにかく自分を認めてくれない女性という存在にイライラしていた気がします。

彼女持ちと比較して嫉妬する

これは彼女がいない男あるあるですが、周りの彼女持ち、嫁持ちに嫉妬します。

彼女がいる友達とつるむのが嫌になるので、交流の機会も減ります。

彼女持ちと飲みに行っても、「彼女のおっぱいがマシュマロみたい」だのとか「どこが可愛いだの」挙句の果てには「お前も彼女作れよw」と半笑いのあのニヤけてバカにした顔で行ってくるのが落ちです。

こいつと俺の何が違うんだ!と思いますよね。

自分より男としてのレベル低いだろ、あるいは同じくらいだろと思っている友達に彼女ができた日はたまりません。

もう一人でやけ酒です。

タケル

彼女がいるやつは週末いつもセックスしてるんだと思うとストレスがヤバいです。周りを見たくないのでTwitterやインスタグラムは見ないようになります。見ると嫉妬と絶望感で死にたくなりますからね。

街中でカップルを見ると絶望する

彼女ができないことをこじらせてくると、街中を歩くのも一苦労になります。

どこに行ってもカップルの山!いや、それほどカップルは多くなくても、とにかく男女で歩くカップルがギンギンに目に留まります。

手をつないだり腕を組んだりしてたらもうたまりません。

嫉妬でイライラして大声を出して走り出したくなる衝動にかられます。

人の少ないスーパーに行ってもカップルや子連れ夫婦は必ず一組はいるので、どこに外出するにも億劫な気持ちになります。

彼女ができないとどこへ出かけるにもストレスを浴びる、ハイリスク、ノーリターンになります。

将来が不安になる

彼女ができないストレスでもっとも感じるのは不安感。

絶望とも言える感情。「この先自分にはずっと彼女ができないのか」「結婚もできず親に孫も見せてやれないのか」「そもそも童貞のまま生涯を終えるんじゃないか」など、考え始めたら将来がどん底に見えてきます。

アルコールの力に頼ってアル中にもなりやすいですし、精神的にも肉体的にも、この強い不安感は大ダメージです。

この先何十年も自分ひとりで、会社から帰ってコンビニ飯食べて、ゲームしてアニメを見て、楽しいは楽しいけど、本当は彼女欲しすぎて泣きたい気持ちなんです。

そんな不安が夜中目を閉じたときにぐっと押し寄せるときがあります。

タケル

25歳のころ彼女いない歴=年齢でしたが、もう彼女ができなさ過ぎて寂しくて不安で、夜眠れなくなった時期がありました。布団に入っても朝方まで眠れなくて、寝不足のまま会社へ出金みたいな。ストレスがマッハで体にも影響が出ていると感じました。

彼女ができない肉体的ダメージはもっとヤバい

精神的ダメージも大きいですが、肉体的ダメージも強いです。

僕はまだ20代なのに見た目的にもかなりボロボロになりました。そのくらい精神的なストレスは体にも影響を及ぼします。

肉体的ダメージ
・白髪が増える
・体重増加
・気力が湧かない
・被害妄想がちになる

白髪が増える

体の見た目で分かりやすいストレス症状として、白髪が増えることがあります。

僕も25歳という若さで急に白髪が増えたことがあり、接客の仕事をしているので困りました。

若いのに白髪交じりだと不衛生な印象を持たれてしまいます。

このころ本当に彼女ができないことを真剣に悩んでいたので、髪に出てしまったんだと思います。

まさかこの歳で白髪染めをすることになるとは思いませんでした。

体重増加

ストレスで過食してしまう人は多いですよね。

食べているときは脳内からドーパミンの快感物質が出るので、一時的にストレスを緩和することができます。

でも食べてないと辛いから、お腹が減ってなくてもさらに食べてしまう。

すると当然のことで体重が増加します。

それでまたモテないことに拍車がかかって、彼女ができない永遠のループに陥る・・・。

体重増加は見た目にダイレクトにインパクトがあるのでヤバいです。

タケル

僕は過食で半年で20㎏太ったことがありました。20㎏も太ったのに、周りから指摘されるまでぜんぜん気づきませんでした。こうなってくると彼女ができる確率もグンと下がってしまうので、負のループに突入です。

気力が湧かない

彼女がいないと何をするにもやる気が起きません。

休日は何の予定もないから朝早く起きる必要もないし、誰も体の心配なんてしてくれないし、手料理なんて作ってくれないからコンビニ飯。

コンビニ飯が贅沢に感じて、スーパーの半額250円の弁当なんか食べちゃいます。

誰も部屋に来ないから掃除もしない。

誰も自分のことなんて見てくれないから、洋服だって何年買ってないかわからない。

自分にも周りにも興味をなくして、ただ息をしているだけの状態になります。

タケル

今考えるとちょっとうつ病ぽかった気がします。彼女がいないと何をしても意味がないみたいな、無気力状態に陥ります。女性の誰からも愛されない、何のために生きてるんだろう?ってぼーっとして考えていました。

被害妄想がちになる

モテない男性にありがちではないでしょうか?

「あの女性は今自分を見て笑ったんじゃないか?」「あの人は自分の噂をしているんじゃないか?」「同僚は俺が童貞なことをネタにしているんじゃないか?」こんな被害妄想を考えるようになります。

ほとんどの場合は考えているようなことはないのでしょうが、周りが自分をバカにしているような気がします。

「こんな歳なのに彼女もいない、童貞だ」というストレスが、精神をむしばみ周りに対して過剰に反応してしまっている状態です。

こうなると女性に対して攻撃的になります。

ネットで女性の悪口を書き込んだり、同僚の女性に対して「こいつは尻がるビッチだ!」なんて心の中で中傷したりします。

タケル

彼女が欲しいのに、女性にイライラしてきます。「女はみんな尻軽で頭空っぽで、イケメンと金にしか興味ない」みたいな。こういう被害妄想に陥ると、ネットによくいる典型的な彼女ができない男になります。

彼女ができないストレスを解消する方法

彼女ができないと思いつめるストレスは、時間がたつにつれて増していきます。

20代の頃はまだ趣味に没頭できていたとしても、30代、40代になると周りも結婚して趣味にも若い頃より興味がなくなりと、彼女がいないことに対して絶望感すら感じてきます。

そうなったとき、上記のような精神的、肉体的なダメージとなって表れます。

今から彼女ができないストレスを効果的に昇華する、モテない男性にはぜひおすすめの方法です。

タケル

精神と肉体がストレスで蝕まれていたとき、当然ながら彼女はいないので癒してはくれません。何とか自分の力で回復し、元気に過ごせるようになりましょう。以下は僕がやって効果が高かったストレス解消法です。全部取り入れなくて大丈夫なので、自分にあったものだけ取り入れてみてください。精神と肉体がリラックスする力を感じるはずです。
ストレス解消方法
・スポーツをする
・心理学を勉強する
・資格取得に励む
・男友達と腹を割って話す

スポーツをする

スポーツはとてもストレス発散に効果的です。

多幸福物質であるエンドルフィンと内因性カンナビノイドがスポーツをすると発生し、楽しく明るい気分になることが分かっています。

週に1回でもスポーツを習慣として取り入れている人の日常の充実度割合は、70%が充実していると回答しています。

週に1回以上の運動をしていると、BDNF(タンパク質)が分泌され、頭の回転がよく悩みにくくなるとされています。

彼女ができなくても思い悩まず、好きなことに目を向けていられるようになります。

また、外出が増えた、行動範囲が広がったと回答する割合は50%以上で、出会いが増える可能性も高くなります。

タケル

僕は以前ひょろっとしていたので、筋トレを取り入れました。スポーツクラブでトレーニングするのですが、けっこう若い女性も多いんです。筋トレして体にメリハリがついて自信がついてからは女性とも会話するようになり、その後数人と付き合いました。だらしない体も運動することで引き締まり魅力的になるので、ぜひ取り入れたいですね。

心理学を勉強する

解決できない問題を思い悩む、常にストレスを感じている、このような状態になぜ陥るかというと、人の心理について理解していないためです。

人は悩む生き物ですが、それを解決する手立てはすでに先人たちが解明しています。

人類が誕生してからずっと、数百年前にも僕たちと同じように「あーモテない!女が寄ってこない!死にたいわ」と孤独を感じていた男は大勢いたんですね。

そんな男達は長年研究して成果を出しており、人の心理を勉強するだけで心が楽になります。

おすすめの心理本はこの3冊です。

50冊は心理学の本を読みましたが、この3冊だけ読んでおけばかなり心は軽くなり、彼女がいなくても人生に希望が持てるようになると思います。

おすすめ本
・アドラー心理学「嫌われる勇気」
・図解でわかるスタンフォードの自分を変える教室
・こころの旅

資格取得に励む

何か目標を持って生活することは、自己肯定の向上に繋がります。

大人になると日々の生活に追われて、明確な目標意識を持たずに生活している人も多いと思います。

そこで資格取得という明確な目標を持つことで、日々目標意識を持ち取り組むことができます。

転職にも有利ですし、給料アップにも繋がり、女性が男性に求める第一位の年収に直結するためメリットも大きいです。

またストレスを感じている状況でも、頭を使って勉強することで不安感を忘れ、それに集中することができます。

実際に頑張って資格を取得して、自分に自信がつくので一石二鳥です。

仕事に繋がるおすすめの資格
・宅地建物取引士
・社会保険労務士
・医療事務
・危険物取扱者
・環境計量士

タケル

僕は孤独な時間を活用してFP技能士1級と、不動産鑑定士を取得しました。どちらも合格率10%ほどの資格なので取得するのに時間はかかりましたが、仕事で活かすことができて給料アップに繋がりました。がむしゃらに勉強している間は、女性のことを考えずにみじめな気分にならないのがいいところですね。

男友達と腹を割って話す

彼女ができないと男友達とも疎遠になっていきません?

「お前はまだ彼女ができないのか」「彼女と結婚式場の下見に行った」だの、聞きたくない話ばかり聞かされますからね。

だからこそそこは男友達です。

本当の友達なら自分が思っていることを素直に、腹を割って話してしまいましょう。

「彼女がいなくて辛すぎて毎日酒びたりなんだ」「夜も眠れない」「彼女の話は聞きたくないんだ」と、全てをさらけ出しましょう。

そこで彼女がいないことをバカにしてくるようならそれまでの友達だったってことです。

人の不幸をバカにするような奴とは付き合わないほうが身のためです。

本当の気持ちを話すと、分かってくれる人はいます。

彼女とは関係のない話で盛り上がったり、悩みを聞いてくれたり、そんな友達とは会っていて楽しいです。

やはり孤独というのは一人では解決できない部分があり、腹を割って話せる友達がいることは精神的に救いになります。

僕が彼女ができないストレスを解消した方法

僕は以上の方法で彼女のいない暗黒時代を乗り切りました。

一時期は本当にヤバいくらい落ち込んでいましたが、ストレスを上手に発散できれば人間何とかなります。

しかしどんなにストレスを発散しても、変わらないことがありました。

「やっぱり彼女が欲しい」という気持です。

美味しい物を食べても、欲しい物を買っても、友達と騒いでも、どうしても埋まらない心の隙間がありました。

人間の欲求として仕方のないことなのかもしれません。

彼女が欲しいという気持ちは、他の何にも置き換えられないからです。

だから僕は彼女を作りました。

やっぱり最終的に、彼女ができないで受けているストレスは、彼女を作ることでしか解決できないんだと思います。

さまざまな発散方法でストレスを緩和するのは良いですが、やはり問題と向き合わなくてはいけないんだなと感じました。

彼女ができるとストレスが嘘みたい

彼女ができると今まで感じていたストレスが嘘のように吹き飛びました。

彼女と会える週末が待ち遠しくて平日もウキウキして、金曜日なんて鼻歌なんか歌いながら仕事して。

自分だけではいかないようなお洒落な店でデートして、彼女の女の子らしい部屋で映画を見て、その後はセックス。

これがもうたまりません。

心の傷を癒していくかのように、僕は女性にのめり込みました。

タケル

今では体調不良は吹っ飛び、ストレスを感じても上手く対処できるようになりました。ストレスの対処法を身につけるのはもちろん、問題とはいずれ時間をかけてでも向き合わなくてはならないと実感します。

彼女ができないストレスをコントロールしよう

彼女ができない辛さは、彼女がいる男、モテる男には分からない苦しみがあります。

考え込んでしまうと精神的、肉体的にボロボロになってしまうので、上手なストレス解消法を探してみましょう。

おすすめしたストレス解消法もぜひ取り入れてみてください。

モテない僕が彼女を作った方法は以下でまとめているので、問題と向き合ってみようという方はぜひみてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です