モテないブサメンが彼女をたくさん作って、有村架純似の可愛いこと結婚した方法と手順を説明するよ!

鬱病だから彼女できない!なんて諦めないで。闘病中でも彼女を作った4つの方法

鬱病で彼女ができないって諦めている男性はいますか?

僕は25歳のころ鬱病になり、彼女を作ることを諦めかけていました。

しかしそんな僕にも彼女ができて、鬱病を支えてくれて治るきっかけを作ってくれました。

男にとって女性はどんな薬よりも効果のある癒しです。

今回はそんな彼女ができない鬱病時代を振り返った内容になります。

鬱病でも彼女ができる方法も紹介しているので、ぜひ読んでみてください。

彼女ができないで鬱になりました

僕は25歳まで彼女いない歴=年齢の非モテでした。

中学のとき初めて告白した女子にはフラれて、告白したことをばらされていじめられました。

高校の頃は告白した女子に「キモい!」と言われて泣かれました。

社会人になってからは周りが大人になるため、学生時代ほどこっぴどくフラれることはなくなったものの、彼女ができることはありませんでした。

周りの非モテ仲間だった友達にもちらほら彼女ができ始めて、とても焦っていた時期でした。

そんなタイミングと重なって、仕事で大きなミスをしました。当時は製麺屋で働いていたのですが、その麺をのばす機械を壊してしまったんです。

修理代200万円。僕の月収が18万円ほどだったので、その額はあまりに高額でした。

結局会社と半分ずつ返していくことで、100万円の借金が残りました。

その事件をきっかけに会社を辞めて、家に引きこもるようになりました。

仕事をしないで日に当たらない生活と、修理代という借金のプレッシャー、彼女ができないという劣等感から、次第に体が動かなくなっていきました。

タケル

鬱病になったことのない人は分からないと思いますが、本当にベッドから体を起こすのもやっとの状態になります。体を引きずるようにトイレに行って、急に涙が出てきます。そのくらいきつい状態でした。

病院を渡り歩き鬱病と判明

体に力が入らずに、頭が酷く痛い日が続きました。

脳の病気を疑って脳神経外科に行きましたが、結果は異状なし。

呼吸も苦しく感じていたので、呼吸器内科にも行きましたが、ここでも異常なし。

ここでようやく、鬱病ではないかと思い精神科に行くことにしました。

結果は鬱病、実際に診断されると「ああ、そうなのか」と思いましたが、まさか自分が鬱病になるとは思っていませんでした。

一人暮らししていたアパートから実家に戻り、闘病生活が始まりました。

薬で少し回復

精神科は月に2回通いながら、投薬と心理療法をしていました。

お医者さんに今胸につっかえている悩みや不安を話すんですが、これがいつも号泣しながら話していました。

鬱になると気持が不安定で常に泣けてきます。

そして先生は「うんうん」と優しそうに話を聞いてくれました。

投薬の効果もあり、精神科に訪れてから半年たつ頃には劇的に体調が良くなっていました。

あれから数年たちますが、今はもう薬は飲んでいません。

徐々に薬を減らしていき、飲まないでも元気に過ごせるまでに回復することができました。

彼女ができないで鬱病になったけど、鬱病が治った理由も彼女だった

病院通い、投薬のほかにも、鬱病が治るきっかけになったことがありました。

彼女ができないという劣等感を抱えていた僕は、鬱病中に出会い系サイトに登録をして、何とか彼女を作ろうとしていました。

ダメもとでもなんでもいいからとにかく彼女が欲しかったんです。

そしてそこで出会いがありました。23歳の優香ちゃんということメールをやり取りするようになって、その子も精神疾患を抱えていました。

同じ問題をかかえていたので、とても話があったんですね。

体のきつさや心の苦しみを分かち合いながら、自分の気持ちを病院以外で女の子に話せるというだけで癒しになりました。

脱童貞をきっかけに鬱病も回復へ

優香ちゃんとは一か月ほど毎日メールや電話をして会うことになりました。

待ち合わせ場所に現れた彼女は本田翼に似ているショートカットのかわいい女の子でした。

一瞬で好きになった僕は、カフェたくさんのことを話しました。

そして気が付けばホテルに。

25年間破れなかった童貞とついにさよならができました。

優香ちゃんは経験があったようで、どうしたらいいか分からない僕の上になって優しく導いてくれました。

脱童貞がきっかけで、気分と体調がだいぶ軽くなり、少しずつ社会復帰していきました。

正直、病院での治療よりも彼女とのセックスのほうが鬱病に効いたような気がします。

彼女とは1年ほどで別れてしまいましたが、鬱病を治すきっかけをくれた、とても大事な思い出の人となりました。

タケル

鬱病という苦しい病を乗り越えて今感じることは、鬱病を治すには「心の支え」が必要だということです。苦しみを理解してくれて、辛い気持に寄り添ってくれる人がいると鬱病は治るんだと思います。僕にとってそれは病院の先生と優香ちゃんで、この二人がいなければ、今でも闘病を続けていたかもしれません。

彼女ができないなんて諦めないで!鬱病でも彼女ができる方法

やっぱり男にとって女性の存在は絶大な効果があります。

鬱病だから彼女ができないと諦めていませんか?

鬱病だから彼女ができないなんて、そんなことはありません。

元気な人と同じ行動は取れませんが、どんな病気でも恋愛していいですし、誰かを好きになってもいい。

好きになってもらっていいんです。

鬱病になる人は真面目な人が多いので、そんな当たり前のことすら我慢してしまいます。

以下では鬱病でも彼女ができる方法をご紹介します。

タケル

僕はハッピーメールで優香ちゃんと出会いました。ハッピーメールは会員数が2000万人ととても多いので、同じ病気を抱えた女の子がたくさん見つかって話しやすいです。
鬱病でも彼女ができる方法
・同じ悩みを持つ女の子を探す
・メンヘラの女の子を探す
・年上の甘えさせたい女性を探す
・男性が苦手な女の子を探す

同じ悩みを持つ女の子を探す

最も素早く、かつ確実に鬱病の状態で彼女を作るには、同じ病気にかかっている女性を探すことです。

他の人には分からない体の不調の悩みをお互い話せますし、気持をわかってあげることができます。

女性としても同じ病気の男だと安心感があり、気軽に会話できる存在に映ります。

共通の趣味をもつ人はカップルになりやすいですが、それ以上に共通の病気を持つ人は強いと思います。

タケル

鬱病はとくに恋愛において隠したほうがいい病気ですが、同じ病気持ちだと「あるある」な会話で盛り上がれるのがいいです。女性としても精神疾患系の病気は言いずらいですし、お互いをわかりあえる、心と心が通じ合えるカップルになれます。

メンヘラの女の子を探す

鬱病ではなくても、メンヘラ系の女の子は狙い目です。

鬱病に理解があるというよりは、弱っている人を好む傾向がメンヘラ女子にはあります。

サッカーやサーフィンを好むオラオラ系の男より、一緒に病んでくれるような病み系男子を求めているんですね。

鬱病は本当に病んでいるんですが、相性は良いです。

ただメンヘラ女子は病気ではなく性格なので、鬱病の辛さを本気でわかってくれるかというと難しいです。

それでも人数が多いのでカップリングしやすいですし、鬱病でも気にしないでいてくれるのでありがたいですね。

年上の甘えさせたい女性を探す

鬱病を抱えていると、恋愛では100%不利だと思いますよね。

しかしこれがそうでもないんです。

たくさんの人とメールのやり取りをして会いましたが、年上女性からは鬱病だと伝えるとプラスに思ってくれることが何度かありました。

とくに38歳を過ぎたあたりの年齢層の女性です。

この年齢の女性は母性が強く、年下の甘えん坊男子が好きです。

若い頃の自分を引っ張ってくれるオラオラ系より、自分の膝で寝転んで甘えるような可愛い男がタイプなんですね。

そのため鬱病だと伝えても、「別に大丈夫よ」「わたしが癒してあげる」と、積極的にアプローチされることがありました。

病気のことも理解しようとしてくれて、支えてくれますし、彼女が欲しい鬱病持ちの方にはおすすめです。

男性が苦手な女の子を探す

僕の場合は感じなかったのですが、鬱病中は薬の影響もあり性欲がなくなることがあります。

そのため彼女が欲しいと思っていても、セックスはできないという鬱病の男性は多いです。

健康な女性だとセックスは求められますから、なかなか恋愛しずらいですよね。

そんな性欲がなくなっている状態のときは、男性が苦手、男性不信の女性が狙い目です。

過去に男性に対して嫌なことがあったり、セックス自体を苦手に思っている女性はけっこういます。

実際ハッピーメールでメールのやり取りをしているときも、「鬱病ならセックスしなくてもいいですか?しないなら彼女になってもいいよ」と言われたことがありました。

タケル

セックスはしなくても、彼女がいるだけで心の支えになるので、鬱病のときでも恋人はいたほうがいいと思います。

メールをしているだけでも鬱が軽くなる

鬱病中に彼女が欲しくてもできない状態は、病状に輪をかけて辛いです。

辛い気持ちを抑え込んでいると病状が悪化して、治るものも治らなくなってしまいます。

鬱病は人によって様々ですが、たくさんの症状が出るので、メールが打てるくらいな体調のときがあれば、女の子と交流を持ってみるのがおすすめです。

体が重くて会いには行けずとも、女の子と話をしているだけで楽しい気分になって心が軽くなります。

女の子に会いに行く!という目標で、体が少し動くようにもなりますしね。

タケル

鬱病はすぐに治る病気ではありません。だからこそ、辛い時期を共に歩んでくれる彼女ができると心強いです。今は辛くても、気持が軽くなるときはきっときます!たくさん食べて、たくさん寝て、心と体を大事にして下さいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です